どんな投資にもいえる事そうはいっても、あなたが当初予定していた通りに運ぶようなことは、ほとんどないと言っても過言ではありません。ミドルリスク・ミドルリターンを目的とする不動産投資でも、デ利点は多数あるものです。例えば、空室のリスクや災害のリスク、もしくは、環境の変化による賃料の下落や管理会社の問題など、いろいろな不測の事態が想定可能になります。空室のリスクは、入居率が低い場合には予定していた額の賃料が得られず、投資計画が狂ってしまいます。入居率が上がらない場合には、まず、その要因をさぐり、家賃保証サービスの利用や入居条件の見直しを早めに行うことが必要でしょう。災害のリスクは、地震や火災等が原因で、投資物件が倒壊したり、消失したりしてしまう危険性のことをいいます。各種保険への加入は当然として、耐震性や防火性に優れた構造の物件選びも必要になりますね。賃料の下落は、周囲の物件が賃料値下げの流れになった場合は致し方ないと呼ばれているのです。しかし、その物件にオール電化やLAN完備などの付加価値を付ける事で、賃料の下落を防げる事もあるかもしれませんね。管理会社の問題は、営業力が極端に弱い管理会社に物件を任せてしまうと、入居率が低い状態が続いてしまう可能性があります。物件を任せる前に、その管理会社が任されている物件の入居率をチェックするといいですね。不動産投資をする前には、購入前にあるていどの勉強を行って、リスクを最小限にすることが必須といえますねー